コンパニオンの仕事内容

コンパニオンとして働く上で気になるのはやはり「仕事内容」。

コンパニオンの仕事内容は、主に宴会での「お酌」と「話相手」となります。呼ばれた宴会が盛り上がるよう、会場の雰囲気や参加者の様子を伺い、適切な立ち居振る舞いをすることが求められます。

ただし、それよりも少しだけエッチなサービスを求められるピンクコンパニオンは、少し過激な服装で宴会ゲームに興じたり、時には潔い脱ぎを求められることもあります。その分給料は高めです(2〜3倍)。 b798d6a6-6803-4759-8f1b-56a0ed2836eb

人気のコンパニオンになるポイントは、空気を読む力やコミュニケーション能力です。

 

お客さんを盛り上げ、時には興奮させるような誘いをかけ、沈めるときには沈める。というと難しそうですが、お客さんのテンションに合わせることができれば喜んでもらえるでしょう。

  一般的には温泉旅館やホテルなどに呼ばれ、宴会場でサービスを提供することが多いです。

ただし、居酒屋や花見、屋形船での宴会でサービスを提供することもあります。

 

また、コンパニオンは複数人でサービスを提供するケースがほとんどです。

プランによって90分や120分と勤務時間が決めれられています(60分のプランや180分などのプランもあります)。

 

場合によっては、追加費用によってサービスの提供を延長されることもあります。延長は30分単位が基本になります。移動時間も含めると4〜5時間の勤務になるケースが多いです。 gatag-00011778 先程ピンクコンパニオンについて述べたように、コンパニオンには種別があり、その種別によって服装や仕事内容も変わってきます。

ノーマルコンパニオンと呼ばれる種別は、スーツや私服を着用し、先述した「お酌」と「話相手」が仕事内容となります。

 

コスチュームコンパニオンと呼ばれる種別は、その名の通りコスプレをして「お酌」を行ったり「話相手」になります。  

ソフトコンパニオンと呼ばれる種別は、少し露出度の高い服装を着用し、お触りなどが許されるケースが多いようです。

ピンクコンパニオン・スーパーコンパニオンは先述した通り、露出が激しい服装などをし、過激でエッチなゲームなどを一緒に行います。場合によっては服を脱ぐこともあります。

  基本的に風俗ではないので、性的なサービスは行いません。

 

ただし、意気投合して……、という報告もあります。もちろん、こちらは仕事内容には含まれません。まとめると、コンパニオンの仕事内容は、「宴会を盛り上げること」につきます。