コンパニオンの服装

lgf01a201308292300 コンパニオンがサービスを提供する際の服装は、非常に多岐にわたっています。

例えば、スーツ姿、和装に始まり、私服、チャイナドレスやセーラー服、ナース服、ミニスカポリス、ミニスカサンタ、体操着、バニーガールといったコスプレ衣装、また、シースルーと言われる透けた衣装などもあります。

他にも水着姿やランジェリー、トップレスといった、もはや服装とは呼べないような衣装もあります。  

コンパニオン宴会を行う際に、こうした服装をどのように選べるのかと言いますと、プランによって選ぶことができます。プランごとにコンパニオンの衣装が決まっており、その費用も変わってきます。

 

基本的にエロさが増せば、費用も高くなっていくと理解してください。また、衣装に関しては、コンパニオンの種別も関わってきます。

lgf01g201306190100 そもそも、コンパニオンの種類には、ノーマルコンパニオン、ソフトコンパニオン、スーパー(ピンク)コンパニオンがあります。

後者になればなるほど、エロさが増します。ノーマルコンパニオンは、基本的にスーツ姿や和装で登場します。コスチュームコンパニオンというのは、実はノーマルコンパニオンの種別で提供されることが多いので注意が必要です。

 

水着コンパニオンも基本的にはノーマルコンパニオンの種別です。シースルーやランジェリー、トップレスまで行くと、これはスーパー(ピンク)コンパニオンの服装となってきます。  

この種別による服装以外の違いは、お触りがOKであったり、脱ぎがOKであったり、野球拳やツイスターゲームを代表とするエッチなゲームが可能であったりといったことが挙げられます。

いずれにしても、宴会を彩るコンパニオンの服装は、宴会そのものの成否を左右する重要な要素です。ただし、前述したように服装や種別によってプランの費用も変わってきます。予算と相談して決めるといいでしょう。